2017/02/13

    「Cafe Dining HOLLY'S」~お洒落ラグジュアリーな空間で

    20170211IMG_1697photos.jpg

    「一番鶏」「酔人酒処「暖酒里」」が入るビルの3階にある
    「Cafe Dining HOLLY'S」
    元々は東口の麺屋 冽 (RETSU)のところで営業していたが
    2014年に西口の現在の場所へ移転。

    今回はこのチラシに惹かれていってみる。

    20170211IMG_1703photos.jpg

    樽出しワインの飲み放題は赤白両方楽しめる
    店内に置かれたワイン樽からセルフで飲み放題だ。

    そしてお通しには鯛のカルパッチョ。

    20170211IMG_1698photos.jpg

    お洒落空間にカウンター席、テーブル席があり
    奥にはソファー席もある、これがまたラグジュアリーで落ち着くのだ。
    つい長居をしてしまう雰囲気だ。

    20170211IMG_1705photos.jpg

    メニューの中心はイタリアン風だが
    無国籍創作系といった感じで豊富なメニューだ。

    酒盗クリームチーズ、いいねえ
    しかし本日は品切れで残念。

    で、ベーコンとチーズのオムレツ。

    20170211IMG_1706photos.jpg

    チーズ風味のフワトロたまごに
    ベーコンが流れ出す。

    IMG_1708IMG_1707photos.jpg

    ゴルゴンゾーラのナンピザ。
    モチっとしたなんに、たっぷりのチーズの具。
    これはワインがすすんでしまう。

    IMG_1708IMG_1715photos.jpg

    ジャークチキン。
    大宮の某店からの秘伝のスパイスパウダーで焼き上げるという。
    これもまたワインがすすむ一品。
    HOLLY'Sの大宮ナポリタンもきになるところだ。

    ちょっとワインが飲みたくなったら
    カウンターでお一人様も粋な感じで飲めそうだ。


    店名:Cafe Dining HOLLY'S
    所在地:さいたま市北区宮原町3-527-2 第一シマ企画ビル 3F
    電話:048-778-8660
    営業時間:17:00~25:00
    定休日:日曜日、祝日
    ホームページ:https://www.facebook.com/HOLLYS.miyahara/

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。



    スポンサーサイト
    2017/02/13

    酔人酒処「暖酒里」~お一人様でも楽しめる居酒屋

    20170207DSC00783photos.jpg

    都内から地元の駅を降りると
    どこか安心するんですよね。

    そしてフラッと一杯やりたくなってします。

    20170207DSC00784photos.jpg

    お一人様でものんびりできるカウンター席があるのも嬉しい。
    まま、とりあえず生で自分にお疲れ・・・

    「大山鶏」と「撫豚」をつかった料理が売りだが
    かなりメニューは豊富、いろいろ楽しめる。

    20170207DSC00786photos.jpg

    店長さんに、お勧めを2品ほどお願いした。

    大山鶏鶏皮ポン酢。
    臭みのない、もちっとした食感
    ポン酢であっさりさっぱりいただける。

    20170207DSC00794photos.jpg

    スペアリブの柔らか煮。

    巨大で見た目のボリューム感はあるが
    くどすぎないやさしい味付け。
    これは温かいうちにいただきたい。

    20170207DSC00796photos.jpg

    カウンターで一人飲みしていると
    同じくカウンターで一人飲みしている人が
    何を食べているのか気になる(笑)
    そんなところから話が始まったりして・・・
    そんな宮原の夜も楽しいかったりする。

    うちは地元密着型なんです!
    という店長さんとスタッフさんの
    笑顔のサポートも嬉しい。


    店名:酔人酒処「暖酒里」
    所在地:さいたま市北区宮原町3-527
    電話:048-871-8002
    営業時間:17:00~翌2:00
    定休日:木曜日
    ホームページ:http://dansyari.jp/

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。



    2017/02/13

    「さかなや日の出丸」2~宮原駅前のおさかなやさん

    20170211IMG_1685photos.jpg

    宮原駅東口、駅前ロータリー右側にある
    「さかなや日の出丸」
    本日入荷の看板に目がいく。
    やっぱり魚で一杯やりたいね・・・。

    20170211IMG_1688photos.jpg

    お店の入り口でメニューを確認できるのも嬉しい。

    「一番鶏」「BUCO」を姉妹店に持つ
    楽々企画グループのひとつ。
    大漁旗が盛り上げてくれる。

    20170211IMG_1689photos.jpg

    生中とお通し。

    カウンター席でしっぽり飲むもよし。
    テーブル席で集まるのもよし
    半個室のテーブル席もあるので接待にも使えそうだ。

    20170211IMG_1691photos.jpg

    本日はこれ、かんぱちのお造り。

    そのほかいろいろ頼んだが
    写真を撮る前に連れに食べられてしまう(泣)

    駅至近で利用しやすい「おさかなやさん」なのでございます。


    店名:「さかなや日の出丸」
    所在地:さいたま市北区宮原町3-338
    電話:048-669-2555
    営業時間:16:00~23:00
    定休日:不定休
    ホームページ:

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。



    2017/01/31

    うなぎと酒「魚庄」大宮店~創業明治16年の伝統の味を楽しむ

    さいたま市本郷町、宮原方面からだと
    ステラタウンのちょっと先になります。

    その住宅街の中に存在感あるモダンな建物。
    「魚庄」大宮店。

    本店は蓮田市、元荒川のほとりにある。
    創業は明治16年という老舗だ。

    20170130DSC00781photos.jpg

    蓮田の本店の他に、
    別館と大宮店の3店舗がある。
    そんな老舗が近くにあるというのは嬉しい。

    テーブルに着くと、急須と湯呑が置かれる。
    店内には琴のBGMが流れる。

    20170130DSC00768photos.jpg

    モダンで洗練された店内。
    座敷テーブル席もあり会食にも使える。

    ゆっくりとした時間が流れる。

    20170130DSC00771photos.jpg

    うな重のグレードは並・上・特、うなぎの大きさが違うとのこと。
    丼の設定があり、うな重との違いは、
    丼は活鰻を割くところから調理するという。
    なので注文してから1時間ほど待つことになるが
    予約をしておけば来店時間に合わせて提供してくれる。

    20170130DSC00774photos.jpg

    大鰻丼だけあって、巨大なうな丼が登場する。
    フワフワトロトロの身に甘めのタレが絡む。
    ちょっと硬めのご飯の炊き加減でバランスもよし。
    しっかりした、ボリューム感とこってり感。

    20170130DSC00779photos.jpg

    やっぱり、鰻は割きたて焼きたてに限る。
    うなぎは土用の丑の日だけのものではないですね、
    特に秋から冬のうなぎは脂の乗りもよく美味なのでございます。

    「魚庄」大宮店は、完全養殖うなぎの実用化に向けて募金活動に取り組む
    浦和のうなぎ屋さんを中心とした「日本のうなぎを育てる会」にも
    名を連ねている。

    「日本のうなぎを育てる会」
    http://unagi-bokin.com/kyouryokuten.html



    店名:うなぎと酒「魚庄」
    所在地:さいたま市北区本郷町190番地
    電話:048-665-2233
    営業時間:11:00~21:00
    定休日:無し
    ホームページ:http://unagiuosho.co.jp/

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。



    2017/01/07

    うなぎ・天ぷら・すっぽん「安じき」2~オヤジたちの忘年会

    20161228DSC09942photos.jpg

    今年もお疲れ様でございます。

    地域オヤジの忘年会、今年は「安じき」さんにて。
    自分の都合に合わせて、なんとなく集まる地域飲み。
    この気楽さがよいですな。

    そして、懐かしい感じの店内で、店主厳選の刺身なんかをいただくわけです。

    20161228DSC09943photos.jpg

    「安じき」さんは基本鰻屋さんですからね、鰻の白焼。

    寒い夜だから・・・。
    燗酒と合うわけですよ。

    宮原・日進、地元飲み推進委員会ブログ
    マイペースな更新ではございますが
    本年もよろしくお願い申し上げます。





    店名:うなぎ・天ぷら・すっぽん「安じき」
    所在地:さいたま市北区日進町2-1614
    電話:048-663-0806
    営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00
    定休日:月曜日
    ホームページ:http://www.unagi-aziki.com/

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。




    2017/01/07

    「カラオケハッスル宮原駅前店」~持ち込みOKの地域最安値カラオケ!

    20161228DSC09930photos.jpg
    JR高崎線宮原駅下車 東口出た左手にある
    アパマン情報館の2階にある「カラオケハッスル宮原駅前店」
    右手の階段を上がっていく。

    20161228DSC09936photos.jpg
    さわやかな店員さんがお出迎えしてくれる。
    このところ家の忘年会の定番になりつつある、カラオケ忘年会。

    夜に大宮駅周辺でカラオケ行くとえらく高額になるので
    昼のカラオケ忘年会となるのだ。

    平日12:00~18:00のフリータイムでお一人様750円
    しかもソフトドリンクが飲み放題、
    さらにフリータイムのアルコール飲み放題が1300円でツマミの持ち込みオッケー。
    6時間歌い放題アルコール飲み放題で大人お一人様2050円、これはありがたい。

    20161228DSC09934photos.jpg

    運営はわくわくカラオケGroupの株式会社メロ・ワークスという会社。
    関東圏を中心に展開している。

    20161228DSC09933photos.jpg

    カラオケ機種はJOYCROSSO LIVEDAM PremierDAMが
    あるそうだが、自分的には違いが分からないし気にしない(笑)

    流行のお一人様カラオケにもいいんじゃないでしょうか?
    地元の駅を降りて、帰宅前にひと歌いしてストレス解消~。

    20161228DSC09935photos.jpg

    駅前のファミマのふにゃふにゃたこやきと生ビール。
    せっかく持ち込みがオッケーなのでツマミに一工夫したいところだ。

    歌好きな方、一緒に一曲いかがですか?(笑)


    店名:ハッスル宮原駅前店
    所在地:さいたま市北区宮原町3-360-2
    電話:048-660-3890
    営業時間:12:00~5:00
    定休日:年中無休
    ホームページ:http://melo-works.com/

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。




    2016/12/14

    うなぎ・天ぷら・すっぽん「安じき」~確かな技術でリーズナブルに楽しめる

    20161213DSC09870photos.jpg

    川越線日進駅の北口を左に進み
    踏切の通りを右に50メートルほど進んだところにある。

    看板にはうなぎ、てんぷらとあるが
    すっぽんや、刺身定食、酒の肴などもある
    昭和の雰囲気が残る、鰻屋さんだ。

    店内はテーブル2卓、カウンター6席の
    こじんまりと落ち着く店内。

    20161213DSC09892photos.jpg

    店主の安食さん。
    山形のご出身なのだそうだ。
    櫛引町の川魚料理「玉泉」さんで18年間修業し
    現在の場所に開業して22年になるという。

    ちょっと前は、この界隈も焼き鳥屋さんとか
    飲食店があったんだけどねえ・・・
    「いっしん」さんも店たたんじゃったよねえ。
    地元で飲んでくれないと、お店もどんどんなくなっちゃうよねえ。

    ゆっくりと話す店主との会話は、どこか
    アットホームでのんびりとした気分になる。

    20161213DSC09877photos.jpg

    ランチ時にお邪魔したが
    本日はオフなので、昼から八海山を一杯。

    お通しが粋な感じだ。

    20161213DSC09878photos.jpg

    ランチの刺身定食は1200円
    炙ったタコと、マグロ、ブリに2つの小鉢と茶わん蒸しがつく。
    厚切りのブリはボリューム感あり。

    20161213DSC09879photos.jpg

    大葉の下にはぬた。
    マグロの刺身もなかなかのもの。

    夜もこれで一杯やりたくなるねえ。

    20161213DSC09883photos.jpg

    鰻屋さんですから、やはりうな重をいただきます。
    寿、松、特上のグレードで鰻の大きさが違うとのこと。

    仕入れは埼玉では有名な「鯉平」
    鹿児島産の一尾付けの特上で2500円とは
    今どきたいへんありがたいお値段だ。

    20161213DSC09885photos.jpg

    「鯉平」さんの仕入れならものに間違いはない。
    確かな川魚の風味と醤油かおるやや辛めのタレがよく合う。

    じつはすっぽんもかなりリーズナブルにいただける。

    意外と地元に粋な名店があったりするのだ。




    店名:うなぎ・天ぷら・すっぽん「安じき」
    所在地:さいたま市北区日進町2-1614
    電話:048-663-0806
    営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00
    定休日:月曜日
    ホームページ:http://www.unagi-aziki.com/

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。




    2016/12/13

    餃子とラーメンの旨い店「みよし」~また食べたくなる癖になるラーメン

    20161211DSC09830photos.jpg

    日進の1丁目交差点、自衛隊近くのラーメン屋さん。
    創業48年になるという、餃子とラーメンの旨い店「みよし」
    「らーめんハウス味好」がリニューアルした。

    木材の風合いを使ったシンプルモダンなお店に変身した。

    20161211DSC09831photos.jpg

    大型の窓になり自然光で明るく、
    木材をふんだんに使用して、山小屋ロッジを思わせる雰囲気だ。
    女性のお客様も入りやすくなったのではないだろうか。

    そう、宮原の「味好ダイニング(みよしだいにんぐ)」とは親類関係。
    だが、チェーン店というわけではなく各店独立して営業している。

    20161211DSC09836photos.jpg

    こちらは、ラーメン専門店。
    リニューアル前とは少々メニューも刷新されているようで
    売りは餃子とラーメン。

    20161211DSC09844photos.jpg

    まま、とりあえず生ビールでしょ。
    冬の寒い日でも、乾燥している喉を潤すのにちょうどよい。

    20161211DSC09845photos.jpg

    ビールには餃子でしょ。
    このパリッとした餃子は好きだなあ。
    モちっとした皮の中からは、粗挽きの肉の食感がいい感じ。
    わりとボリュームのある焼き餃子だ。

    20161211DSC09849photos.jpg

    ほんのり魚介系の風味に、飲み干してしまいそうな
    うま味スープ。
    麺はクロレラ麺なのかな?ちょっと緑ががっている。

    20161211DSC09850photos.jpg

    みそラーメン。
    これ、どこか懐かしい感じがするとともに
    複雑濃厚なスープが癖になる。

    20161211DSC09853photos.jpg

    そして、チャーハン。
    チャーシューがゴロゴロと入っているのが嬉しい。

    20161211DSC09858photos.jpg

    気さくな二代目店主、いいお顔してます!

    代替わり時期、伝統も受け継ぎつつの、新たな挑戦へ。
    平日、休日問わずランチ時には混み合う
    地域地元に愛される
    餃子とラーメンの旨い店「みよし」なのでございます。


    店名:餃子とラーメンの旨い店「みよし」
    所在地:さいたま市北区日進町1-354-2
    電話:048-667-2043
    営業時間:11:00~15:00 17:00~21:00
    定休日:月曜日
    ホームページ:https://www.facebook.com/miyoshi2.344/

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。




    2016/12/08

    そば処「種新」~再び居酒屋モードで

    20161204DSC09814photos.jpg
    日進のさぼちゃん交差点から大成方面に
    少し行ったところにある、そば処「種新」
    赤枠のメニュー表が目印だ。

    20161204DSC09820photos.jpg
    もちつきイベントの打ち上げとして、ここで一杯やる。
    店内のテーブル席の奥に10人ほど座れる小上りがある
    これがちょっとした飲み会なんかにはちょうどよい。

    店内のメニューに、居酒屋メニューが並ぶのがうれしい。

    20161204DSC09823photos.jpg
    とりあえず「生!」もいいが
    瓶ビールでツギつツガれつ、そして手酌
    コミュニケーションツールとしても大活躍するのが瓶ビールかもしれない。

    20161204DSC09825photos.jpg

    具だくさんのモツ煮は濃厚すぎないあっさり仕上げ。

    20161204DSC09826photos.jpg

    本日のおすすめ「びんちょうまぐろ」は
    なかなかリーズナブル。
    おっさんたちには魚がよい。

    20161204DSC09830photos.jpg

    若いおっさんは、フライドポテトなんか頼んだりして・・・
    わりと、なんでも揃うところがありがたい。

    20161204DSC09831photos.jpg

    蕎麦やさんならではの、焼酎そば湯割り。
    身体も暖まるし、これはいいね。

    20161204DSC09833photos.jpg

    長時間居座ると腹も減ってくる。
    酒を飲んだ後の〆は人それぞれ個性が出るというもの
    ここで蕎麦屋の本領発揮。
    ザ、蕎麦屋のかつ丼。

    20161204DSC09834photos.jpg

    蕎麦屋では、やっぱり蕎麦でしょ。

    20161204DSC09835photos.jpg

    酒の後はラーメン派という人にも対応してくれる。

    20161204DSC09836photos.jpg

    気さくで明るい女将さん。
    おっさんたちのワガママなオーダーにも笑顔で対応してくれる。
    アットホームでくつろげる「種新」さんなのでございます。




    店名:そば処「種新」
    所在地:さいたま市北区日進町2-688
    電話:048-663-2885
    営業時間:
    定休日:
    ホームページ:

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。


    2016/12/01

    寿司割烹「山水」~寿司ときどき日本酒

    20161130DSC09782photos.jpg

    日進の最大の交差点にある寿司割烹「山水」
    店構えもこの界隈では最大級じゃないだろうか。
    夜ののれんをくぐる。

    20161130DSC09784photos.jpg

    今日は一人飲みではない。
    このところイケてないという息子と二人。
    とりあえず、生だよねえ。
    お通しにはクラゲ。

    20161130DSC09787photos.jpg

    光物3点盛り。
    アジ・サバ・イワシ・コハダから3点選ぶ。
    今日はイワシはないそうなので、それ以外の3点。

    20161130DSC09789photos.jpg

    親父はカッコつける。
    息子に好きなもの食べなといった手前、それは・・・
    というワケにもいかず・・・。

    子供は旨いものをよく知っている。
    甘みうま味のあるウニ様だ。

    20161130DSC09798photos.jpg

    で、親父は特上寿司2380円。
    寿司は並1080円からある。
    大トロ入りでネタはなかなかよし。

    日本酒が欲しくなり八海山をやる。

    20161130DSC09808photos.jpg

    たこ刺し。

    旨いものを食っているときは親父の小言は言わない。
    そういや、このたこ全部食べれちゃったな。

    20161130DSC09810photos.jpg

    ネタは、漁師と市場次第。
    あるものをお願いする。

    刺身と日本酒、たまにはいいよなあ。

    20161130DSC09813photos.jpg

    店主の関根さん。
    現在は埼玉県調理師会の理事長でもある。
    そして日進親和会会長。

    そのほか、いろいろな活動もされ、役職も務めている。

    すこしお話をさせていただいたが
    日進の町を音楽の街にしていきたいという。
    山水の駐車場側には先日レポートした「ししまる亭」がある
    そこに既にいろいろなアーチストが集まってきている。

    関根さんは町を楽しくしたいという、そして皆ハッピーになれば・・・と。
    自分達がブログをやっているのも、同じ思いでございます。



    店名:寿司割烹「山水」
    所在地:さいたま市北区日進町2-788
    電話:048-663-1833
    営業時間:11:00~14:30 16:00~21:30
    定休日:木曜日
    ホームページ:http://www2.tbb.t-com.ne.jp/sannsui/

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。



    2016/12/01

    「和(かず)」~隊員O氏からの寿司レポ

    隊員O氏からのレポートが届きました。



    簡単にレポします。

    飲み物はビール、チューハイ、オレンジジュース。

    つまみに活ホタテ、生牡蠣、寿司は7貫と10貫を一つずつ。
    全部で5400円くらいでした。

    活きホタテは生かして有るので貝柱がシャキシャキ。
    生牡蠣は年中色んな場所から仕入れるそうです。
    話にもこだわり感じましたね。
    真牡蠣なのに大きかったのが嬉しかったです。

    20161130IMG_1635photos.jpg


    寿司は7貫980円、10貫1800円でした。
    あら汁付です。
    10貫の方はネタもやや高級です。

    その日の仕入でネタも変わるので楽しい反面、
    子供だと食べられない物もあるかもしれません。

    20161130IMG_8792photos.jpg


    この日はマグロの代わりにクジラでした。
    私は逆に嬉しかったですが、子供はちと苦手そうでした。

    クジラ自体は臭みがほとんどなく良いものでしたが。
    鉄火巻きができないとのことで、オマケしてもらいました。

    寿司自体はあの刺身ですから普通に旨いです。
    シャリは小さめかな。とは言えこの値段はランチかと(笑)お得です。

    家族連れなんかだと特選15貫2500円を複数頼んで皆でつまむなんてのが多いとのこと。

    やはり刺身で飲んでつまんで、〆に軽くお寿司つまむのが良さそうですねえ。



    店名:「和(かず)」
    所在地:さいたま市北区日進町2-1160
    電話:048-653-8280
    営業時間:11:30~14:00 18:00~24:00
    定休日:日曜日
    ホームページ:

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。

    2016/11/25

    「ししまる亭」~アーチストが集まるライブ居酒屋

    20161123DSC09753photos.jpg

    2016年6月にオープンした「ししまる亭」
    日進駅前では最大の交差点の寿司割烹「山水」の裏手、旧山水亭で営業している。
    帰宅途中にギターの音が聞こえてきたことないですか?

    気になるししまる亭に、ずかずかと入り込むおっさんたち。

    20161123DSC09757photos.jpg

    ニッコニコ笑顔で迎えてくれる店主の宍戸さん。
    サッポロラガーの赤星もあるけど
    まま、とりあえず生ね。

    20161123DSC09759photos.jpg

    メニューが面白いねえ。
    迷った時は店主のお勧めに限る
    おすすめは、元気焼き。砂肝・鶏もも・鶏レバーの各3バージョンとのこと。

    20161123DSC09762photos.jpg

    元気焼き!砂肝・鶏もも・鶏レバー3種入り。
    ニンニクが効いた汁は、アヒージョ的なディップソースにもなるのだそうだ。
    これで酒がすすむのでございます。

    20161123DSC09760photos.jpg

    店内の席は人数に合わせて自由自在に変更可能。
    ライブ居酒屋だけあって楽器やライブの装置も完備している。

    60代から若いお客さんまで、お店に入ってくる。
    音楽が好きな人たちが集まってくるようだ。

    20161123DSC09764photos.jpg

    そして、「鶏皮刺し」
    ボイルした鶏皮にニンニクの効いたディップソースで
    これまた酒がすすむ。

    このあたりからホッピーを飲み過ぎているに違いない。
    ホッピーの中のおかわりは、店主にストップを言うまで焼酎がグラスに入る。

    20161123DSC09769photos.jpg

    素敵な笑顔と元気いっぱいの店主宍戸さん。
    宍戸さん自身もプロの唄うたいで、その仲間のアーチストたちがこの日進まできてライブをしてくれる。
    ししまる亭のホームページを見るとライブの日程を見ることができるので興味がある人は要チェック。
    お店の雰囲気はここはシモキタか?と思うわせる音楽愛とパワーに溢れている。

    日進駅を降りてちょっと今日の自分疲れてるなと思ったら
    フラッと立ち寄って元気をもらって帰宅するのもよいかもしれない。

    店主「宍戸一賀」さんのツイッター
    https://twitter.com/shishido8008


    店名:「ししまる亭」
    所在地:さいたま市北区日進町2-788 山水の駐車場側
    電話:080-9829-8008
    営業時間:18:30~24:00
    定休日:日曜日
    ホームページ:https://www.facebook.com/shishimarutei/

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。




    2016/11/25

    「和(かず)」~気さくな海鮮居酒屋

    DSC09738photos.jpg

    海鮮居酒屋の真っ白い暖簾が気になる「和(かず)」
    日進のフードガーデンを宮前方面に行ったところにある。

    この地に店を出してから7年になるという。

    生ビールはヱビス。

    DSC09741photos.jpg

    入口左側に小上がり席10席ほど、ご家族連れもいらっしゃるとのこと。
    カウンター7席ほど、カウンターの上には鮮魚ケースがあり寿司屋の雰囲気が楽しめる。

    4000円からの宴会コースをはじめ、にぎり寿司、てんぷら、ツマミ一品料理などがある。
    おっさん連中が注文したのはとりあえず塩辛、これがなかなかいける。


    DSC09745photos.jpg

    本日のおすすめ、インドマグロ、関アジ、金目鯛、かんぱち・・・など。
    優柔不断なおっさんたちは店主和(かず)さんにご予算からのお任せに。

    店名の「和」は「なごみ」ではなく、店主のお名前の「かず」なのですな。

    DSC09748photos.jpg

    期待以上のお任せお刺身、鮮度抜群。
    店主自ら築地で仕入れるのだそうだ。

    店主かずさんは生まれも育ちも日進町
    現在はお年のため閉店された日進踏切近くの「寿司いっしん」で
    修行されたのだそうだ。

    DSC09751photos.jpg

    かずさんお若い。しかもイケメン!
    ワンオペでの接客だが細かい気配りは忘れない、居心地の良さ。
    近所で美味しいお魚を頂けるのは嬉しい限りでございます。

    フラッと立ち寄りたくなる海鮮居酒屋「和」いいですねえ。

    そしてなにより終電を気にせず飲めるのが
    地元飲みよいところなのでございます。


    店名:「和(かず)」
    所在地:さいたま市北区日進町2-1160
    電話:048-653-8280
    営業時間:11:30~14:00 18:00~24:00
    定休日:日曜日
    ホームページ:

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。



    2016/11/25

    「上海飯店」日進町~昭和レトロなこれぞ町中華

    DSC09774photos.jpg
    冬のランチは暖かいものが欲しくなる。
    そして雪が降りそうな、冷え込んだ日のランチは
    どことなく懐かしさを求めて・・・。

    本日のランチはラーメン半チャーハン。

    DSC09780photos.jpg
    日進駅踏切近く、やきとりじっちゃんの並びにある「上海飯店」。
    お店の外観と出前用のスーパーカブが懐かしい雰囲気をかもし出す。
    店内にもコカコーラの冷蔵庫などがあり懐かしくホッとする。

    DSC09776photos.jpg
    ラーメン単品は500円、町中華の定番メニューが並ぶ。
    麺はっや多め、あっさりとした気取らないシンプルなラーメンだ。

    11時から営業していて早めのランチにも使い勝手がよいのも嬉しい。
    毎週火曜日水曜日が定休日。

    DSC09778photos.jpg
    チャーハンを作るときの中華鍋をふる音が心地よい。
    刻まれたタケノコ、シイタケが入った半チャーハン。

    お年を重ねたご夫婦で営業している。
    「もう年だから・・・いつまでできるかな・・・」と
    笑顔が素敵な美人女将さんは言う。

    元気なうちは続けていただきたい貴重な町中華なのでございます。


    店名:「上海飯店」
    所在地:さいたま市北区日進町2-675
    電話:048-667-3182
    営業時間:11:00~
    定休日:毎週火曜日水曜日
    ホームページ:

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。




    2016/11/13

    川魚料理「玉泉」~いいね!活鰻から調理。うなぎは好きだなあ。

    20161110DSC09684photos.jpg

    自衛隊通りと交わる櫛引通り沿いにある川魚料理「玉泉」

    メニューはうな重をはじめ、鯉の洗い、どぜう、アユの塩焼、天麩羅などなど
    一品料理も充実、うなぎ屋さんとしてはメニュー豊富です。

    焼酎の種類が多め。
    「鰻屋の酒は旨い」と江戸時代から言われてますからね
    一品料理をつまみに鰻屋の酒をチビチビと、粋ですなあ。

    20161110DSC09706photos.jpg

    通りからはちょっと奥に店舗がある。
    店の前に駐車場完備、見たところ7台ほどは駐車できそうだ。

    20161110DSC09685photos.jpg

    もともと座敷ほろ間風の店内をテーブル席にリニューアル。
    40を過ぎると座敷はつらかったりするのでありがたい(笑)
    二階は30名程度収容可能な個室席もあるとのこと。

    奥の窓のところに器があるのが分かるだろうか。
    こちらは店主が陶芸するというので、ロクロと窯が完備されている。
    お店の営業時間であれば、だれでも使うことができるとのこと。
    近所で陶芸体験なんかいかがでしょうか?
    勝手に「玉泉窯」と名付けておく。

    20161110DSC09698photos.jpg

    活鰻から調理すると宣言されている。
    鰻は鮮度がいちばん、裂きたて焼きたては、一味ふた味違う。

    関東風のうな重を活鰻から調理すれば、どんなに腕のいい鰻職人でも
    出来上がりまでに最低30分~40分はかかる。

    なので、お急ぎの方はご予約することをお勧めいたします。

    20161110DSC09702photos.jpg

    うな重ランチは1470円からだが3分の2尾
    せっかく鰻をいただくのなら、上位のグレードのほうが当然ながら満足感は高い。
    特上、大うな、特特では1尾付けで鰻の大きさが違うとのこと。

    うなぎって夏のイメージがあるのだけど、自分的には秋から冬にかけて食べたくなるのね。

    ランチ時にはうなぎ以外に、天重ランチ・天麩羅定食。きじ重ランチもあるので、
    気軽に行ってみてもよいのかもしれない。

    貴重なうなぎ、ありがたくいただきます。


    店名:川魚料理「玉泉」
    所在地:さいたま市北区櫛引町2丁目196
    営業時間:11:00~21:30
    定休日:月曜日
    ホームページ:




    2016/11/12

    中華居酒屋「順原閣」(じゅんげんかく)~夜も気になる中華居酒屋

    20161110DSC09711photos.jpg

    宮原でランチ。で、何食べる?
    寒いから暖かいものが食べたいなあ。
    水曜日、木曜日は店休日のお店が多いんですよね。

    宮原駅の東口駅前通りをブラブラしていると赤い看板が視界に入ってくる。
    中華居酒屋「順原閣」(じゅんげんかく)
    いわゆる町中華とは一線を画す店構え。

    以前から存在は知っていたのだけど・・・
    やっぱりね、店の中が見えないのは入りづらいのよね。

    店前のランチメニューの看板、ランチが600円!
    ここに決まり!

    20161110DSC09720photos.jpg

    五目そばセット、もやしのサラダと半ライスがついて600円。
    具だくさんで、これはお得じゃないの。

    20161110DSC09718photos.jpg

    スープうまい。
    板さんとスタッフは本場の方のようで、定食のメニューも豊富。
    店内も広々、くつろぎの空間。


    20161110DSC09717photos.jpg

    担担麺セット、おなじくもやしのサラダと半ライスがつく。
    店の壁に貼られた北京ダックのメニュー、一杯飲みたくなるよなあ。

    20161110DSC09724photos.jpg

    担担麺っていろいろなタイプがあるけど
    もちもちとした麺に、辛すぎないスパイシーなスープでシンプルな感じ。
    スープ飲んでいるうちに癖になり、スープまで完食。

    20161110DSC09725photos.jpg

    夜のメニューは確認できなかったが、看板には中華居酒屋とある。

    2時間飲み放題食べ放題料理60品で3200円とか
    料理7品食べ放題飲み放題2時間で2100円の激安コースとか

    これは、満腹コースだなあ。
    夜も気になる中華居酒屋「順原閣」なのでございます。


    店名:中華居酒屋「順原閣」(じゅんげんかく)
    所在地:さいたま市北区宮原町2-17-6 栗原ビル1階
    電話:048-663-0737
    営業時間:11:00~15:00 17:00~23:00
    定休日:無休
    ホームページ:

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。




    2016/11/11

    コミュニティカフェ「bekkan」~アートな異空間カフェ

    20161110DSC09727photos.jpg

    ドンとでてきました、巨大パンケーキ!

    今年2016年4月に宮原駅東口ソフトバンク横にオープンした、コミュニティカフェ「bekkan」



    20161110DSC09728photos.jpg

    社内の打ち合わせで利用したので、今回はランチではなくカフェ利用。

    実はコーヒーカップの形がオシャレ、スタッフさんにも
    「コーヒーカップオシャレですね~」と言ったにもかかわらず
    カップの形が写った写真撮ってないじゃん・・・

    これは是非、お店に行って素敵なコーヒーカップのご確認を。

    20161110DSC09730photos.jpg

    そして酒飲みおやじ的には、めったにいただかないかないスイーツっ。

    厚さ5センチはある巨大なパンケーキが4等分されて登場。
    打合せも中断してパンケーキと向き合います。

    メープルがしっかり染み込んでしっとりした食感に
    濃厚バニラアイスとふわっとした生クリームと一緒にいただくと幸せが広がります!


    20161110DSC09735photos.jpg

    アートでお洒落な異空間で打ち合わせすれば、いいアイデアも出てくるはず?

    「bekkan」とは「別館」なのだそうで、なんの別館かというと
    同じく宮原東口にあるライブハウス「hisomine(ヒソミネ)」の別館とのこと。

    ヒソミネのホームページを見ると面白そうなアーチストのイベントをやっている。

    ライブハウス「hisomine(ヒソミネ)」ホームページ
    http://hisomine.com/

    そして、同オーナーは音楽レーベルも主催する。
    kilk records
    http://kilk.jp/wp/

    インディーズアーチストの配信リリースも行っていて
    ホームページでは新感覚のインディーズアーチストのPVなども
    見られるので新しい音楽とも出会えるのが面白い。

    20161110DSC09737photos.jpg

    もちろんカフェランチメニューもあり。

    夜も0時まで営業しているので、一杯やるのもよし。

    ローストビーフで一杯やりたいなあ。


    詳しくはホームページご参照。


    店名:コミュニティカフェ「bekkan」
    所在地:さいたま市北区宮原町2-22-14 AXIS宮原駅前ビル1A
    電話:048-788-3090
    営業時間:11:30~0:00
    定休日:日曜日
    ホームページ:http://kilk.jp/bekkan/

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。


    2016/11/06

    味好ダイニング(みよしだいにんぐ) 4~自家製カラスミ完成

    20161106DSC09666photos.jpg

    味好ダイニングのフェイスブックにてカラスミ仕込中の情報が入った。
    このカラスミ日記が面白い。
    若旦那が10日以上かけて仕込んでやっと完成したという。

    ちょうどおやじ地元飲みをしよう言っていたタイミング。

    20161106DSC09662photos.jpg

    店内は満席状態、予約をしておいてよかった。
    カルパッチョ、美味。
    このところ魚も野菜も高い、旨い魚が食べられる貴重な機会。

    20161106DSC09663photos.jpg

    下関あんこう。
    骨のまま揚げているが、軟骨のように邪魔にならない。
    カレー風味がこれまたよしっ。

    20161106DSC09665photos.jpg

    肉野菜炒め・・・中華も頼めるのが味好ダイニングならでは。
    この大旦那の中華好きなんだよなあ。
    この日はお子様連れおやじもいたのだけど
    お子様たちはラーメンとチャーハンをお召し上がりになっていた。
    こういうことが出来るのも味好ダイニングならでは。

    20161106DSC09669photos.jpg

    仕込が完成した「カラスミ」珍味ですよ。
    水抜きの行程に時間がかかるのだそうだ。
    イタリアンではポピュラーな食材なのだそうだ。

    20161106DSC09671photos.jpg

    出来立てのカラスミ登場。
    自然ナチュラルなお味、これは日本酒が欲しくなるよねえ。

    20161106DSC09672photos.jpg

    若旦那お勧めの酒はコレ「新潟麒麟山酒造の伝統辛口
    さっぱりスッキリ飲みやすい~いお酒。

    20161106DSC09675photos.jpg

    またまた中華、レバニラ炒め。
    野菜も摂らないとねえ。
    このときエビチリもお願いして
    テーブルの上には日本酒と紹興酒が並ぶ。

    20161106DSC09676photos.jpg

    ピザも旨いのね。
    ワインも欲しくなるところだが、これ以上混ぜるな危険。

    20161106DSC09678photos.jpg

    お、出ましたカラスミの生パスタ タリオリーニ。
    香り風味がいいんです。
    深く濃厚な味わいの生パスタ。

    20161106DSC09681photos.jpg

    自家製パテドカンパーニュ。
    おやじたちでシェアしやすいようなカット。
    こういう気遣いが嬉しい。

    20161106DSC09683photos.jpg

    〆というか・・・
    ダラダラと飲むおやじたちにはこういうツマミがありがたい。

    帰路の心配をしなくて良いのが、地元飲みのいいところ。
    お気楽に集まって、途中で帰ってもよし、まだ飲み足りない人は次にいくもよし。
    そんなゆる~い地元飲みを推進してます。


    店名:味好Dining(みよしだいにんぐ)
    所在地:さいたま市北区宮原町3-276-5
    電話:048-652-1911
    営業時間:11:00~23:00
    定休日:月曜日
    ホームページ:味好Diningフェイスブックページ

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。


    2016/11/02

    割烹小料理「亀八」~身体にも心にも優しいお料理

    20161102DSC09648photos.jpg

    またまた、唐揚げランチしてしまいました。

    日進町2丁目、Yバリューから宮前方面に向かい
    道路一本渡った左側にある割烹小料理「亀八」

    ランチの定食は
    秋刀魚定食、カレイの西京焼定食といった和風メニューが中心。

    20161102DSC09649photos.jpg

    約二年ほど休業していたのだが
    今年2016年の春から息子が店主として再開したとのこと。

    今日のランチ時は大女将さんが腕を振るっていた。
    ランチ時は店の外でお弁当も販売している。

    20161102DSC09650photos.jpg

    店内は外観からの想像以上に広い。
    カウンター席と座敷席がある、30名程度の宴会も可能かもしれない。

    20161102DSC09651photos.jpg

    気まぐれ幕の内。
    これだけ品数豊富で650円。
    別途150円で具だくさんのお味噌汁がつく。

    20161102DSC09653photos.jpg

    唐揚げ定食は味噌汁付きで750円。
    四つも小鉢が付くのが嬉しい。

    そしてどれも優しいお味なのだ。
    どこか懐かしくほっこりするお店。

    大女将さんの笑顔もステキ。


    あ、店の営業時間を聞くのを忘れてた・・・

    店名:割烹小料理「亀八」
    所在地:さいたま市北区日進町2-1151-2
    電話:048-665-6094
    営業時間:
    定休日:
    ホームページ:

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。




    2016/10/27

    鶏そば骨付鶏「金嶋」宮原駅西口にオープン

    20151027DSC09545s.jpg

    2016年10月に宮原駅西口駅前にオープンした鶏そば骨付鶏「金嶋」
    休日には行列ができるようだ。

    2016年6月に店長の腰痛のため残念ながら閉店した
    キッチンニューほしの宮原店の後に誕生したお店ですな。

    店の前を通ると、鶏がらスープの濃厚な香りが香ってきます。

    おやじ隊員と昼に待ち合わせ実食。

    店に入るとテーブルに座る前にメニューを渡され
    レジで注文して会計を済ませてから着席するスタイル。
    なるほど、これでは食い逃げはできない(笑)

    20151027DSC09538s.jpg

    内装はやや変わった感があるが椅子、テーブルは「キッチンニューほしの」のまま。
    でも違和感はない。

    昼時はラーメンのみ。
    金嶋中華そば、濃厚鶏そば、淡麗鶏そば・・・ちょっと悩んで濃厚鶏そばを注文。
    10分弱でラーメン登場。

    濃厚な鶏スープにやや太目の麺。
    なかなかいいじゃない。
    スープを飲み干してしまった(笑)

    20151027DSC09546s.jpg

    運営母体は株式会社ヤマショウフーズの関連会社の株式会社M.Gate
    大宮の「魚匠 基」、「大門町ちろり」「江戸小料理桃栗」などを複数展開している。

    親母体の株式会社ヤマショウフーズは戦前から鶏を扱う「鶏」を知り尽くした会社

    昼はラーメンだけだが夜には
    名物骨付き鶏、鉄鍋餃子が登場する
    その他一品物多数とメニューに書いてあるのも気になる。
    鶏の一品物メニューらしい。

    ちなみに生ビールはいつでも300円
    夜も気になる「金嶋」なのであった。

    店舗のフェイスブックによると閉店予定は23時ごろだそうだが、売切れじまいのようだ。


    店名:鶏そば骨付鶏「金嶋」
    所在地:さいたま市北区宮原町3-514-5
    電話:048-729-4501
    営業時間:11時~、17時30分~スープ終了まで
    定休日:無休
    ホームページ:鶏そば骨付鶏「金嶋」公式フェイスブック

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。


    2016/10/23

    さいたまKI-TAまつり2016

    さいたまKI-TAまつり2016

    主催:NPO法人子供文化ステーション、さいたま北商工協同組合
    協力:大宮別所小学校、つばさ小学校、日進北小学校、宮原小学校

    年々人が来場者が増えている、さいたまKI-TAまつり

    主催・共催の通り、実は主役は小学生の子供たち
    小学生の子供たちがお店を出して、子供たち専用のエリアで販売活動をします。
    子供たち専用エリアではこの国通貨「円」は使えません
    子供たちの国用の通貨を購入しないと子供の店では購入できません。

    店を出す子供たちも、何をやればお客が集まるか
    どうしたら儲けが出るかなんてことを考えながら準備してます。
    うちの子も参加してました。

    20161023IMG_1619photos.jpg

    今年は世界の料理とお酒がコンセプトのようです。

    20161023IMG_1615photos.jpg

    どのブースも長蛇の列。

    大人も子供も楽しめるお祭りなのでございます。

    2016/10/15

    酒のまつばら「大人の宴日」

    20161015IMG_1611photos.jpg

    おやじ隊員に誘われて行ってみた土曜日の夕方。

    酒屋さんの前にはテントが張られ、近所のお店がちょっとした食べ物を販売。

    そして蔵元を読んでの試飲会。
    毛呂山の麻原酒造さんでした、ひやおろしが美味い。

    すでに、生ビールは終了していたので、酒屋店内で缶ビールをゲット。

    20161015DSC09533photos.jpg

    旧中山道沿いの「酒のまつばら」さんでは
    定期的に試飲会なども行っているようですので
    お酒好きは要チェック。


    店名:「酒のまつばら」
    所在地:さいたま市北区 宮原町2丁目16−1 松原ビル 1F
    電話:048-664-1100
    営業時間:
    定休日:
    ホームページ:http://matubarasaketen.com/

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。


    2016/07/08

    川魚料理「うな登」~やっぱり鰻が好きなんだよなあ

    20160708IMG_1438photos.jpg

    宮原界隈でうなぎ専門店と言えばここ「うな登」さん。
    女将さんに写真をとっていいか尋ねると、「うなぎイヌ」のぬいぐるみさんを貸してくれた。
    うなぎ愛ですなあ。

    20160708DSC09530photos.jpg

    宮原駅西口の洋菓子屋ラリーブを左折、ファミマの斜め前。
    ブルーの建物が目印かな。
    店内はカウンター席と座敷席あり。

    20160708IMG_1443photos.jpg

    ふっくらとしたうな重、タレとご飯の相性もよし。
    現在は若さんが焼き手になっています。

    20160708IMG_1441photos.jpg

    白焼き重
    これ、ウナギの仕入れと焼に自信がないとできない一品。
    関東風に蒸しの入った白焼き。
    これで一杯やりたくなる。

    鰻屋を急かすのは野暮というもの、お出かけの際には
    時間に余裕をもって行かれることをお勧めします。


    店名:川魚料理「うな登」
    所在地:さいたま市北区宮原町3-582 島村ビル1階西側
    電話:048-664-2120
    営業時間:11:00~21:30
    定休日:月曜日
    ホームページ:http://unato.crayonsite.com/

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。


    2016/06/29

    「串焼き亭ねぎ」宮原店~その2再訪

    20160629IMG_1421photos.jpg

    開店直後からカウンターで一杯。
    この赤いウインナーをケチャップマヨネーズで食べるなんて
    ジャンク過ぎて好き(笑)

    で、やっぱりホッピーがいいわけです。

    20160629IMG_1420photos.jpg

    焼き鳥~塩で!
    「ねぎ」ではねぎ間のネギも脇役ではない。


    店名:「串焼き亭ねぎ」宮原店
    所在地:さいたま市北区宮原町3-365
    電話:048-663-9997
    営業時間:17:00~23:00
    定休日:日曜日・祝日
    ホームページ:http://negi-kushiyaki.com/index.html

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。


    2016/04/12

    寿司割烹「山水」~うなぎが好きなんです

    20160412IMG_1056photos.jpg

    うなぎ・・・土用の丑の日だけ食べるってもんじゃないです。
    食べえたくなったら食べるのが「うなぎ」。
    絶滅危惧種ということもあり、ありがたくいただきたいところです。

    20160412IMG_1057photos.jpg

    日進と言えば「山水」というくらいの存在感があります。
    川越線日進駅南口の駅前通り最初の交差点にあるので
    そうとう人目にはつきますね。

    しかも店の外に焼き場があるので、うなぎなんて焼いていると
    いい香りがしてくるわけで、うなぎ好きとしてはじっとしていられなくなるわけです。

    20160412IMG_1048photos.jpg

    店に入ると左手がテーブル席、右手がテーブル席とカウンター。
    かっこいいカウンター席です。
    ここに座ってやっと、そうだここは寿司割烹だったと再認識。

    20160412IMG_1054photos.jpg

    大将としては、寿司がおすすめのところ
    うな重を食べると出たので迷わず「うな重」を注文。

    大将のお名刺もいただきましたが、大宮調理師会会長など
    たくさんの活動をされている方でございます。

    あのカウンターに座ったら寿司食べたほうがいいです(笑)


    店名:寿司割烹「山水」
    所在地:さいたま市北区日進町2-788
    電話:048-663-1833
    営業時間:11:00~14:30 16:00~21:30
    定休日:木曜日
    ホームページ:http://www2.tbb.t-com.ne.jp/sannsui/

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。


    2016/04/01

    「匠上 宮原東 分家 」~肉食男子!!

    20160401IMG_1021photos.jpg

    いいですね、この盛り付け。

    数人で焼肉行くと、いきなり出てきた肉皿の肉を全部焼いちゃう人いますよね。
    あれ苦手なんですよねえ。
    焼けた肉を取り分けてくれるんで楽でありがたいんですけど・・・。

    自分で食べる分だけ一枚づつ焼いて育てるのがいいかなあ(笑)

    20160401IMG_1017photos.jpg

    日本橋室町の「匠上」が本店というか本家
    分家として宮原に出店。
    家系なんですな。

    20160401IMG_1020photos.jpg

    メニューには肉の産地と部位が書かれていて勉強になるねえ。
    一品料理もいろいろ。
    モツ煮は濃厚で旨かったなあ。

    このほかにもいろいろいただきましたが
    酔っぱらったらレポ終了でございます。


    店名:「匠上 宮原東 分家 」
    所在地:さいたま市北区宮原町2-17-9 大雅ビル 1F
    電話:048-783-4288
    営業時間:11:30~14:00 17:00~23:00
    定休日:年中無休
    ホームページ:http://takujyou.com/

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。



    2016/04/01

    「串カツ家光助」~串カツ流行中

    20160401IMG_1014photos.jpg

    綺麗な揚げ色。
    さっぱりとした上品な串揚げ。
    1本90円から
    ちょっと一杯のつまみに最適。

    20160401DSC09540photos.jpg

    宮原駅西口ロータリーの右路地を入り
    移転した六文銭の先です。

    駅前なので人との待ち合わせに
    ちょっと一杯に便利かもです。
    このひもおやじ飲み仲間待ち。
    串揚げだけじゃなく、ちょっとした一品料理もいろいろ。

    20160401IMG_1015photos.jpg

    これなんか、日本酒が欲しくなる。

    20160401IMG_1016photos.jpg

    刺身も充実のうまさ。
    ちょっと一杯のつもりが・・・

    店名:「串カツ家光助」
    所在地:さいたま市北区宮原町3-512-2
    電話:048-653-4161
    営業時間:
    定休日:
    ホームページ:

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。


    2016/03/18

    「旬肴酒家 どん呑」宮原店

    20160318IMG_1001photos.jpg

    宮原駅西口、「うな登」さん前に
    ダイショウグループの「旬肴酒家 どん呑」宮原店が登場。

    この場所は店名がコロコロ変わるところですね。

    20160318IMG_0998photos.jpg

    ホッピーがあるのは嬉しい。
    店員さんもとても元気がよいです。
    やっぱ居酒屋は元気じゃなくちゃねえ。


    店名:「旬肴酒家 どん呑」宮原店
    所在地:さいたま市北区日進町3-491
    電話:048-788-1184
    営業時間:17:00~24:00
    定休日:日曜日
    ホームページ:

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。



    2015/12/06

    そば処「種新」~居酒屋モードで一品料理を楽しむ

    20151206IMG_0736photos.jpg

    おやじが集まって一杯飲むとなれば
    なんでもツマミになるわけで・・・
    カツ煮とかポテトサラダとか、こういうのもいいんです。

    20151206IMG_0734photos.jpg

    川越線日進駅からは南口の「山水」を左折
    黄色い建物のやきとり「じっちゃん」を過ぎてポーライトに向かう
    途中にある、そば処「種新」

    20151206IMG_0737photos.jpg

    テーブル席2卓、奥に10名ほど座れる座敷席あり。
    蕎麦屋ならではの焼酎の蕎麦湯割
    これは何杯でも飲めてしまう。


    店名:そば処「種新」
    所在地:さいたま市北区日進町2-688
    電話:048-663-2885
    営業時間:
    定休日:
    ホームページ:

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。


    2015/12/03

    地鶏居酒屋「彩酉」 日進店~問屋直営のうまい焼き鳥

    20151203IMG_0721photos.jpg

    地鶏居酒屋「彩酉」
    ”いろどり”と読む。
    旨い焼き鳥は癒される。

    20151203DSC08414photos.jpg

    川越線日進駅南口駅前、串焼き「とらや」の上にある。

    本店は神田にある
    なぜ、この日進に出店しているのかは不明。

    問屋直営とのことで希少部位の鶏串も楽しめる。

    20151203IMG_0720photos.jpg

    串焼きの種類も豊富だが他の一品つまみも充実。
    おやじとしては、串焼きでチビチビやるのがいい。

    20151203IMG_0718photos.jpg

    ちょっと地元で飲みたいとLineすると
    来てくれるおやじ隊員に感謝。

    地元飲みは電車の時間を気にしないでよいので
    安心して閉店まで飲める(笑)


    店名:地鶏居酒屋「彩酉」 日進店
    所在地:さいたま市北区日進町2-1111-2 ハルヤマビル 2F
    電話:048-783-5135
    営業時間:平日17:00~23:00 金土日祝16:00~23:00
    定休日:無休
    ホームページ:

    ※上記データは記事公開時点のものです。お店に行かれる際にはご確認ください。